トップ

歯科で負担の少ない治療法

歯科で虫歯の治療

開業

ドリルを使わない歯科治療

歯医者での治療というと、やはり一番に思いつくのはドリルによる虫歯治療でしょう。たしかに虫歯の治療は、痛みを伴ったり多くの不快感を伴うもので、どうしても印象が強くなってしまいます。しかし、最近の歯科治療では、ドリルを利用しない、患者への負担の少ない治療法、接着治療という方法も存在しています。この接着治療とは、虫歯の部分を掻き出し、その空間に特殊な物質を流し込むことによって歯を再生させるというものです。この治療法は歯科治療としてはマイナーで、保健適応もされていないので割高になりますが、少ない負担で虫歯を治せます。

ドリルを使う場合の気配り

歯科で歯の治療の為にドリルを医師などが使用する場合、できるだけ患者さんが痛みを感じないように麻酔を掛けたり、不安を解消するために気配りのある声を掛ける事が多いです。抜歯などの目的でドリルを使用する場合、歯科では治療の最中で時々患者さんに痛みの状況を確認したり、治療後の状況を医師が直接伺う事もあります。また、治療の際に音を出来るだけ小さくして不安を煽らせないように気配りの治療を行う事も多くなりました。歯の治療をした後でも麻酔が効いていて、あまり痛くないと感じる場合も多いが、治療したあとの痛みが出る事などで、治療後の生活に関する注意点を医師から説明を受けます。

↑PAGE TOP