トップ / インプラントで機能性回復

インプラントで機能性回復

インプラントで綺麗

開業

インプラントは歯を削らずに治療

インプラント治療を受けることによって、自分の歯と同じような機能性を実現できます。機能性を保ちながら審美的にも優れている人工歯根を使用した治療となりますので、高い充実感や満足癌が得られる治療法と言えます。インプラント治療で使われる土台で載せる人工歯冠は白い上に、透明度や色の濃淡、形なども細かく表現されている素材が使用されますので、じっくりとみられた場合であっても天然の歯との見極めは難しいものとなります。従来までの治療でのリスクを背負うことなく、歯の抜けた部分だけに限って治療が受けられます。

インプラントとはなんでしょう

歯がなくなった際、歯茎に埋め込むものとして有名ですが、本来の意味はペースメーカーや体内に埋め込む物の総称です。交通事故や歯槽膿漏などで歯を失ったときに、入れ歯にするのか、数本であればブリッジという方法もありますが、インプラントであれば総入れ歯でも数本の場合でも対応できます。上顎もしくは下顎に手術によって埋め込み、その上に義歯を取りつけます。総入れ歯だから全ての歯に対して取り付けるのではなく、土台は2か所ぐらいで大丈夫です。インプラントなら、ぐらつくこともなく、自分の歯と同じように生活することができます。

↑PAGE TOP