トップ / どのくらい歯医者に通うか。

どのくらい歯医者に通うか。

歯医者の定期健診

開業

歯医者の定期健診の理想の間隔

歯医者の定期健診を受けていれば、虫歯の早期発見が可能で、治療の負担を最小限に抑えることができるというメリットがあります。定期健診における通院間隔の目安として、未成年は学校の長期休暇ごとの通院、成人後は30歳までなら3ヶ月~6ヶ月程度、50歳までなら3ヶ月程度、50歳よりも上の年齢であれば、1ヶ月~3ヶ月程度の間隔で通院するのが理想です。高齢者は歯茎が痩せて脆くなる傾向にあり、虫歯だけでなく歯周病の心配もあります。自分の歯をいつまでも残したいならば、歯医者の定期健診は重要であるといえます。

子供に合った歯医者を見つける

歯医者に行きたくないという子供を、引っ張って連れて行くのはとても可哀想です。子供が通いやすい歯科医院を事前に調べておくと良いです。周囲の人の評判も聞いておきましょう。医院内は広いか、待合室はキッズコーナーがあるととても便利です。歯医者の先生の人柄も重要です。優しく子供に接してくれる先生だと、コワい印象がなくなり安心して治療することができます。治療には、何回か通わなくてはならないのでアクセスしやすいかも大事になってきます。子供に一番合ったところを見つけておくと、急に歯が痛くなった時に困らなくて安心です。

↑PAGE TOP