トップ / 歯周病予防の歯磨き法

歯周病予防の歯磨き法

歯周病にならない為に

開業

歯周病の原因と予防方法

歯周病は口内細菌が繁殖して引き起こす病気のことを指し、歯を支えている周りの組織がダメージを受ける病気です。ときどき歯茎が腫れたり、歯を磨くと出血が伴ったり、歯と歯の間にすき間ができて、食べ物が入りやすくなったという人は疑った方が良いでしょう。原因は歯垢の蓄積によるものなので、毎日正しい歯磨きをしていれば予防することは可能です。歯垢を放っておくと歯磨きでは取り除けない歯垢へと進行してしまうので、早めに取り除くことが大切です。また甘い物を食べ過ぎるのも歯周病のリスクを伴うので、生活習慣の改善も必要です。

歯医者に行くと虫歯治療ができる

朝と夜寝る前にきちんと歯磨きをしていても、磨き残しがあると、虫歯ができてしまうことがあります。虫歯をそのまま放置しておくと、痛みが出て来て、悪化してしまいます。歯医者に行けば虫歯を治療してもらうことができます。簡単にお口の中を見て、虫歯を発見し、その状態に最も合った方法で行ってくれます。歯科は、虫歯の治療だけでなく、予防も大切な役割です。治療が終わったら、再び虫歯になってしまうことがないように、定期検診を行っている歯医者も最近では増えて来ています。

↑PAGE TOP