トップ / 歯科医師として世の中に出るには

歯科医師として世の中に出るには

歯科医師の国家試験

開業

大学における歯科教育について

歯科医師として世の中に出るためには専門課程のある大学で6年間学び、国家試験に合格するところまでは努力しなくてはなりません。そこまで言って初めて現場で技術を学ぶことが許されます。現在では卒後研修が義務付けられており、歯医者として必要最低限出来なくてはならない技術をここで学ぶことになります。この様に歯科医師として必要なことの多くは大学では学ぶことが出来ません。卒業後の研修で多くを学び、高度医療の場合にはさらに自分で学びの場を作って対応して行かなければならないという環境にあるのが現在の現場の姿であると言えます。

歯医者を目指すための大学の問題

歯科大学は国内に国公立大学法人では12校、私立に関しては15校あります。歯科医は一般に歯医者さんと言われますが、歯医者さんは全て歯学部にて一定の教育を受け、1年以上の研修を行ったものが実際の現場で働くことが可能となります。歯医者さんは、現在、コンビニエンスストアの開業を超える勢いを持ち、互いの開業で経営がもっともキツくなっています。また、私立大歯学部では、学生が少子化により少なくなると定員割れをしてしまうこともあり、学校運営そのものが厳しくなっていることも問題です。患者は高度な口腔医療を受けるため、出身校を調べてから歯医者さん選びをする傾向が見られます。

↑PAGE TOP